QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
akujo
akujo
私は、はるちゃんストラップです。海で生まれたジュエリーから私は誕生しました。まだまだ生まれたばかりですが、これから和歌山を代表するはるちやんストラップになれたらと思っています。
応援してください。

2020年11月25日

世界の教科書 シリーズ1-7

インドの教科書を紐解きました。

インドの教科書には、必ずインドが
イギリスから独立する時の事が
詳しく書かれています。

マハトマ・ガンジーが非暴力主義で
独立を訴えた時、
100万人を超すインドの民衆が
その後ろに立って続いた。
なんの抵抗もしないインド人達を
イギリス兵はすべて銃で撃ち殺していた。
300万人(500万人の説もある)が殺された。

その頃インドの将軍は26歳の若い
チャンドラ・ボース将軍でした。
彼は、自国民の
インド軍人カーストの人々に呼び掛けた。
1945年頃ですよ、集まったものの
その民衆達は、戦い方や作戦や
武器の調達ができませんでした。

その頃、丁度第二次世界大戦で敗れた
日本軍の遠藤大佐が
ビルマ(今のミャンマー)にいて、
(その頃は、パキスタンも今のインドだった)
若きチャンドラ・ボース将軍に日本軍の
武器(戦車とか)を与え、作戦を教え、インド兵を訓練して
戦い方を教えた。

こうして、インドに駐留していた
イギリス兵をやっつけて、追い出し、
みごとにインド独立を勝ち取ったと
教科書には書いてあります。
5ページくらいにわたって書いています。

インドが独立できたのは、
日本と、日本人遠藤大佐のおかげです。
日本はインドの大事なお友達とも書かれています。

第二次世界大戦の時の
日本の教科書には一体何が書かれているのでしょうね。





















同じカテゴリー(世界の教科書)の記事
 世界の今 (2020-12-02 20:08)
 世界の教科書 シリーズ1-6 (2020-11-23 19:42)
 世界の教科書 シリーズ1-5 (2020-11-09 21:01)
 世界の教科書 シリーズ1-4 (2020-11-08 19:39)
 世界の教科書 シリーズ1-4 (2020-11-08 19:17)
 世界の教科書 シリーズ1-3 (2020-11-06 20:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。