QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
akujo
akujo
私は、はるちゃんストラップです。海で生まれたジュエリーから私は誕生しました。まだまだ生まれたばかりですが、これから和歌山を代表するはるちやんストラップになれたらと思っています。
応援してください。

2020年12月25日

盗まれたリスト

今年の9月から大変な状況に
なってきています。
コロナ以外の
恐怖がじわじわと迫っています。

群馬県・ナシ600個 
山梨県・シャインマスカット400房
北海道砂川市・ミニトマト100キロ
群馬県と栃木県など4県・
10戸の豚舎から730頭の豚
京都の九条ネギ・300キロ
福岡県筑後市では、白昼堂々と畑に入り
中国籍の女性二人が、
シシトウやピーマンを収穫して、
大きなビニール袋に詰めて軽トラに乗せている所を
現行犯逮捕されていました。

中国人グループの場合は
すでに「盗みのルート」が
5~6年前から設備投資されており、
3年前から稼働しています。
盗んだ物は30分~45分以内で、
中国のための流通センターで
買い取られています。
物はどんな物でも構わないのです。

友人が働く和歌山派内の薬局には
薬やドリンクを軽トラを店舗に
横づけしてその軽トラが一杯になるまで
買います。多い日は2回くらい来るそうです。
みんな片言の日本語です。


和歌山県にも10か所ぐら流通センターがあり
例えば、
有田の農家から直接畑から買い取ると、
彼らは海南あたりの流通センターに運びます。
農家の人もまとめて買ってくれるから
ありがたいのです。
だけどその野菜たちは
流通センターで買い取られたすぐに
コンテナに詰められ
中国行貨物船が出向する和歌山港へ送られ
そこから4~5時間後の早朝には、下関にあり
貨物船は、中国に向けて出港しています。
中国は今、食料不足なのです。
盗みを働く人達は、
生きるか死ぬかの覚悟でやっています。

日本の港はゆるゆるです。
やりたい放題です。

港湾の取り締まりは、人手不足で厳しく監視する事が
出来ませんし、議員さんたちは、自分の選挙の為に
不利になる事はしませんから
野放し状態の日本の水際です。
物品ならまだましですが、
これが子供の行方不明にかかわっていれば
行方が分からなくなって5時間も経過すれば
もう下関ですよ。
怖い話です。


私たちは自分で知恵を絞って
対策するしかないのです。
畑や家畜の見回りやロボットセンサーの
開発が必要です。
嬉しいことに現在開発中です。

紀南地方の
梅農家の青年たちが自分達の梅農園を
盗難から毎晩見回っていたとの
ニュースもありましたよね。


政府のコロナ対策も後手後手だし
やっぱり、自分の身は自分で守ると
言うのがベストかもね。


























  

2020年12月23日

中国の格差

中国の格差は日本以上です。
実態として、
15億人のうち10億人は、購買力がありません。
U、S、A、経済調査10年間の資料によると
10億人は一生のうち洋服やくつを買うことはありません。
超極貧過ぎて買えないのです。

そのうちの6億人は、1年間の収入が
1千元(日本円で1万5千円)なので
貯金通帳を一生持つことがありません。
私たちがテレビで見る、中国の農村部の特集で
出てくる、貧しい人々はあれでも
中国政府が選んだその村では一番の
金持ちの家でありその家族なのです。

デレビには映らない村は、
トイレもなくとても、人の暮らしが
出来る所ではありません。

また四川省の子供達は身長1メートル位
になると成長が止まります。
貧しい村では、まともな食事はとれません
栄養が取れないからです

チベット人やモンゴル人やウイグル人は
山間部で果物や牛や馬やヤギの乳を飲むため
背が高いので、今中国政府は、やっきになって
それらの少数民族兵士を募集しています。

また、上海では、中国政府から送られた
人民解放軍によりすでに、
アメリカ人の家の破壊と全財産没収が始まっています。
やがて、全土に広がるでしょう。

この状況をなぜテレビ等の
メディアは伝えないのでしょうか







  

Posted by akujo at 20:46Comments(0)世界の今事情

2020年12月22日

12月22日の記事

日本は本当に大丈夫?

今、豪中関係は、
スパイ映画さながらの冷戦状態です。

オーストラリアの主要都市
(メルボルン・シドニー)にある
中国共産党の新聞社・新華社通信の
支局では、日々中国の工作機関として、
民間を装って、オーストラリアの優秀な人材を
引き抜く為のリクルート活動の拠点として、
千人引き抜き計画を実行していた。

それがオーストラリア政府にバレて
中国人記者達の自宅を家宅捜査したところ
スパイして盗んだ物や情報など、
工作活動の証拠となるものが多数押収されました。

ところが逆切れした習近平は、
カッコつける為に、理由もなく
中国国内に駐在する、オーストラリアの
記者達を多数(10人くらい)拘束した。


日本人も13人理由もなく拘束された。
親中派の議員さん、
どうして助けてくれないのですか?

まぁ、議員に言っても無駄よね。
特に和歌山の大物議員さんは、
中国共産党から年間何億円も
資金提供受けているものね。
毎年、2000人~5000人も引き連れて
中国への参勤交代を繰り返していますから
しかも何十年もの間続いている習慣ですって
だって参勤交代だもの、

日本国民が人質なのかしら
飼い犬になってしまったのかしら。





私のブログ他にもあります。
タイトル「森の中の如月美術館ブログ」
   「ミセスみどりの蘇生サロンブログ」

あなたの人生にプラスになると思います。

 「ミセスみどりの蘇生サロン」
病気になっても元の健康な体にに戻せる
タイムスリップ療法はすごい能力ですよ。

国会議員の二階紀州の上こおろぎ丸の
病気治したら、有名になれるかしら。










  

Posted by akujo at 10:37Comments(0)世界の今事情

2020年12月10日

日本は本当に大丈夫?

現在沖縄の、那覇基地には、
日本の自衛隊しかいない。
米軍は全員、那覇から出てしまい、
今嘉手納基地にしかいない。

中国はミサイルの照準を
那覇基地にだけ向けています。
すでに、設置済みです。
(これは人口衛星ですぐにわかります。
ピッカピッカと光っているのでわかります)

那覇基地の日本の自衛隊だけに
ミサイルが打ち込まれた場合、
日本だけが、大打撃を受けた場合
たとえ、日米安保条約があっても
米軍のいる嘉手納基地が無傷であれば、
米国は中国に向かっていくわけにはいかず、
せいぜい日本に軍事物資援助ぐらいしか
出来ません。
米軍は、米国のために米軍基地を
置いているのです。

つまり米軍に被害が無ければ
米軍は動かない。


ーー以上が米国C.S.B.C.戦略研究ーー
 とし よしはらの論文です


ゾーッとする内容ですが、
ブレない中国は孫氏の兵法で
「敵を知れば必ず勝てる」というので
インターネットにより、
中国人民解放軍15万人(このうち、今までが5万人
で新たに10万人が増えました)
が毎日24時間
日本の企業のインターネットに侵入を試み、
いろいろな情報を
盗み出しています。

現在中国の国防費は19兆2千億円で
日本の防衛費の3.6倍です。
これ以外に、人民解放軍の給料が10兆円です。

日本の防衛費は5兆6千億円でこの中には
防衛省や自衛隊の給料も含まれています。

キャー日本はどうしたらいいのかしらーー








  

Posted by akujo at 19:45Comments(0)

2020年12月03日

中国事情

中国は、すでに米国債を20%つまり
2000億ドル(20兆円)を売却し終わっています。

もう後 8000億ドル(80兆円)しか
中国にはドルがありません。

中国が他国から輸入する場合には、
ドルが絶対必要になります。
そのドルが20%も減っているのですよ。
これは中国のお財布状況が
すごく悪化している事になっている証拠です。

そんな中国が今一番恐れているのが
米国が香港ドルと米国ドルを
交換してくれなくなる事です。

人民元をたくさん持っていても
直接米国ドルに交換できません。

いったん人民元を香港ドルに交換しない限り
米国ドルが手に入らないのです。

この香港ドルを、保証しているのが
ロンドンの金融街です。

ちなみに
トランプ政権の時に再選が決まれば
12月の1~3日で、
香港ドルと米国ドルは交換しないと発表したので
習さんはこれを知っていたので、
今頃ホット胸をなでおろしている事でしょうね。

習さんとバイデンさんは、
バイデンさんの息子さんを通じて
とても仲良しらしいです。

世界はこれからどうなるのでしょうね。


  

Posted by akujo at 20:21Comments(0)世界の今事情

2020年12月02日

世界の今

中国の食糧事情

日本で1年間にとれるお米の
総量は1100万トンです。

中国の人口14億人に必要なお米は
1億3000万トンです。
日本の12倍必要ですが、
毎年1億トンを輸入しています。

お米に限らず、重要な穀物
ダイズやトウモロコトや大麦や小麦などは
ほとんどの輸入先は米国です。
ちなみに8000万トンはカリフォルニアのお米で、
2000万トンはタイやラオスからです。

しかし今、輸入が米国からストップしております。

中国国内の31省のうち、27省が
洪水で収穫が出来ておりません。
南は(ベトナムの上の地域)は日照り、
北はバッタに襲われ壊滅状態
中国の今年は、穀物やニワトリ・豚・牛の
食料確保はほとんどできていない状態です。

そんな中、中国は今、日本の各地に
3年前から作らっている
中国の物流センターがあります。

日本のものならなんでも
豚・子牛・栄養食品・野菜・果物ほか
どんな食料も運び込めば買ってくれる
そのセンターがフル回転しています。
全日本から集められ、新潟から船
で中国に送られています。

日本でも子牛や豚が盗まれる事件が頻繁に
起きていますが、ほとんどが
中国人による犯罪です。

ビタミン剤なども、例えばアリナミンAなど
1トンごと買い占められています。
大塚製薬がトンで売っているのがわかったからです。

和歌山市の友人が勤務している
薬局には、軽トラで買いに来ます。
しかも1日に2回に来るそうです。
「あなたたち2度目でしょう」というと
くびを振りながら違うという、仕草をしなから
片言の日本語をいうそうです。

有田地方や田辺地方にも
日本人を装って農家から直接買い入れて
一番近いセンターに運んでいます。
その日の内に
和歌山港から新潟まで船で運びます。


子供達の誘拐も同じです。
船に乗せてしまえばわかりません
日本国内での子供の行方不明事件は
後を絶ちません
保護者の方は決して買い物や
パチンコに夢中になって
子供を一人にしないで下さい。
隙間を狙っています。

日本の政治家は1日も早く
対策を打つことを願っています。



  

2020年12月01日

中国の事情

中国のビックリニュースです。

2020年9月1日より、中国では、
60歳以上の人々の財産は
子供が相続できなくなりました。
すでにスタートしています。

別々に暮らしている親が死んだ場合です、
その親の遺産はすべて
中国共産党のものになります。

子供は親の財産受け取れません

ビックリです。
今の日本では考えられませんね。

また同居していて、子供が金塊を
持っていたとしても、
親が死んだら親のものとみなされます。
だから金塊や不動産の購入時は
自分が買ったと言う証明書を持っていなければ、
取り上げられます。


また山西省(世界地図だと、ゴビ砂漠のちょっと下の方です)では、
やはり9月1日より、
全ての食品は個人商店で売買禁止に
なりました。
店に行って商品を買うことが出来ないのですよ。
それをすればお互い罪に問われます。

国営食糧配給所に食糧券
(住民に配布された配給券を)持っていって
交換する事になりました。

この山西省は水は山の崖を
500メートル降りて行かないと無いところです。
木もない山奥の田舎です。
このように水も手に入りにくいところだし、
あるのはヤギぐらいですが

中国共産党はこの地域をひな型にして
実験し、ゆくゆくは各省に
この配給システムを広げてゆく予定です。

つまり、今の中国は
それだけ危機に瀕しているかもしれません。

毛沢東の時代に戻ったのと同じです。

次回は
中国のもっと恐ろしい食料事情についてです。














  

Posted by akujo at 20:18Comments(0)