QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
akujo
akujo
私は、はるちゃんストラップです。海で生まれたジュエリーから私は誕生しました。まだまだ生まれたばかりですが、これから和歌山を代表するはるちやんストラップになれたらと思っています。
応援してください。

2020年12月01日

中国の事情

中国のビックリニュースです。

2020年9月1日より、中国では、
60歳以上の人々の財産は
子供が相続できなくなりました。
すでにスタートしています。

別々に暮らしている親が死んだ場合です、
その親の遺産はすべて
中国共産党のものになります。

子供は親の財産受け取れません

ビックリです。
今の日本では考えられませんね。

また同居していて、子供が金塊を
持っていたとしても、
親が死んだら親のものとみなされます。
だから金塊や不動産の購入時は
自分が買ったと言う証明書を持っていなければ、
取り上げられます。


また山西省(世界地図だと、ゴビ砂漠のちょっと下の方です)では、
やはり9月1日より、
全ての食品は個人商店で売買禁止に
なりました。
店に行って商品を買うことが出来ないのですよ。
それをすればお互い罪に問われます。

国営食糧配給所に食糧券
(住民に配布された配給券を)持っていって
交換する事になりました。

この山西省は水は山の崖を
500メートル降りて行かないと無いところです。
木もない山奥の田舎です。
このように水も手に入りにくいところだし、
あるのはヤギぐらいですが

中国共産党はこの地域をひな型にして
実験し、ゆくゆくは各省に
この配給システムを広げてゆく予定です。

つまり、今の中国は
それだけ危機に瀕しているかもしれません。

毛沢東の時代に戻ったのと同じです。

次回は
中国のもっと恐ろしい食料事情についてです。
















上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。